新潟大学医歯学総合病院 輸血・再生・細胞治療センター

PRP(多血小板血漿)を用いた組織修復(整形外科)

筋肉・腱・靱帯の再生医療再生医療等の安全性の確保等に関する法律に準拠した再生医療

PRPとは?APSとは?

血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に凝縮し活性化させたものが、PRP:Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)です。このPRPに特別なキットを使うと、炎症や分解を抑制する自己タンパク質成分であるAPS:Autologous Protein Solution(多血小板血漿抽出液)が抽出できます。PRPには多くの成長因子が含まれていて、炎症の抑制や細胞の成長を促進する力があります。この力が、人の本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を最大限に引き出し、傷んだ関節軟骨・靭帯などの治癒を促すと考えられています。また、抗炎症物質により炎症を抑えることによって、関節などが変形・変性していても痛みがない状態を作り出していることが想定されています。実際に当院で使用するPRPは、関節外には高濃度の白血球を含むL-PRP(Leucocyte-PRP)を用い、関節内にはAPS(autologous protein solution)を用い、2種類のPRPを使い分けています。これらのPRPはいずれもジンマー・バイオメット合同会社より販売されている製造キットを用いており、国内に限らず、海外でも幅広く使用されております。

適応症状に関して

PRPの整形外科的な適応範囲は広く、関節内の軟骨および半月板(膝)、その他の関節内・関節近傍の構造物の変性・損傷、関節外の筋・腱・靭帯の損傷(スポーツや事故などの怪我、難治性のもの)が対象となります。具体的な疾患名としては、変形性関節症、半月板損傷、腱板損傷、関節唇損傷、肉離れ、靭帯損傷(膝、肘、足など)、慢性(難治性)の腱炎、付着部炎(上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎、膝蓋腱炎、アキレス腱障害、足底腱膜炎)などが挙げられます。これらの疾患に対してはこれまで基本的には自然治癒を期待した対症療法あるいはリハビリテーションと手術が治療の中心でした。しかしながら、PRP治療の登場によって新たな治療の選択肢が増えました。

 

PRPの治療成績は?

海外を中心に多くの報告がありますが、効果があるという報告から、効果がないという報告まで、様々な報告があります。個人の血液の成分は個々人によってばらつきが大きく、さらにPRPを作成するための分離方法も数多く存在しているのが現状です。そのため、一口にPRPと言っても厳密には個人差や製造施設ごとにわずかに成分が異なっていると考えられ、一定の成績にはならないという背景があります。しかし、運動選手のスポーツ外傷・障害においてPRP治療は近年、普及の一途を辿っており、その効果が徐々に認められつつあるというのが現状です。さらにスポーツ外傷に加え、変形性関節症に対する治療としても国内でも使用が始まり、注目を集めています。

注射後の経過

PRP注射後、数日間は逆に痛みが続くことがありますが、大きく心配される必要はありません。痛みに応じてリハビリテーションは再開して頂き状態を注意深く観察します。運動選手ではスポーツ復帰が目標となりますので、注射後に症状改善がなかなか進まない場合は複数回の注射を行うこともあります。また、関節内に投与する方法と関節外に投与する方法ではPRPの種類が異なりますので費用も異なりますが、一般的にPRP注射は高価な為、可能であれば注射は1回とし、その後はリハビリテーションによる復帰を目指すことを推奨しています。

どのような副作用があるのか?

PRPはご自身の血液から採取するため、基本的には安全性が高い手技で副作用の頻度も低いです。しかし、注射で注入するため感染、出血、一時的な関節の腫脹、疼痛、その他予期せぬ合併症の可能性は少なからず生じ得ます。その際はご遠慮なく担当医へご連絡下さい。適切に対処させていただきます。

 

- お問い合わせ -
〒951-8520 新潟県新潟市中央区旭町通一番町754番地
新潟大学医歯学総合病院[診療科]整形外科

ジンマ― バイオメット社運営の情報サイトへのリンクです。

『関節ライフ』

https://kansetsu-life.com/saisei/6_02.html

その他の治療法を見る