遺伝子診療部門

遺伝子診療部門とは

はじめに

ゲノムと呼ばれる遺伝子情報の解読が終了し、ヒト遺伝子配列の基本が明らかとなった現在、様々な疾患と遺伝子の関わりが次々に解明されてきています。一つの遺伝子に問題があるときに発症する単一遺伝子疾患は古くから遺伝性疾患としてとらえられてきましたが、医学の進歩により、高血圧、糖尿病、癌といった疾患にも複数の遺伝的形質が関係していることが解かってきています。また、種々な薬剤の体内動態に遺伝的素因が関わっていることも明らかとなり、個々の患者様に適切な薬剤を適切な量だけ使用するオーダーメイド医療に遺伝的形質の解析を役立てようと試みられています。
このように遺伝子の解析は今後画期的な診断法、治療法を開発していくために欠かすことができないと言えます。

しかし、遺伝情報は終生変えることができない究極の個人情報であり、血縁者にとっても重大な情報となります。遺伝子検査によってもたらされる情報や家系内の遺伝情報は、十分なプライバシー保護の中で理解していただき、健康に役立てるために、遺伝カウンセリングを必要としています。
私たちの“生命科学医療センター遺伝子診療部門”はこのようなニーズの中で設立されました。今後、私たちの誰でもが持つテーマとして「遺伝」を理解していただける様に、また倫理的問題に十分配慮した上で個人の遺伝情報を健康・生活に結びつけるための取り組みをしてゆきたいと考えております。

遺伝子診療部門とは?

「家族が遺伝性疾患を持っています。どのくらいの確率で私の子どもに遺伝するのでしょうか」「第一子に染色体の異常が見つかりました。第二子にも異常は起こるのでしょうか」「親や多くの親戚が、ガンで亡くなっています。私もガンになるのでしょうか」遺伝子診療部門では、遺伝や遺伝病について、さまざまな不安や悩みを抱えている方に、遺伝カウンセリングを行っています。

スタッフ紹介

遺伝診療部門の運営協力医師
小野寺 理医師(神経内科)
丸山 弘樹医師(腎医学医療センター)
永橋 昌幸医師(第一外科)
長崎 啓祐医師(小児科)
泉 修司医師(耳鼻咽喉科)
下村 裕医師(皮膚科)
産科遺伝カウンセリング担当医師

高桑好一・山口雅幸・生野寿史

遺伝子診療部門スタッフ
遠山 潤
遠山 潤医歯学総合病院 特任教授
医師(小児科)
臨床遺伝専門医及び指導医
田澤 立之
田澤 立之生命科学医療センター 准教授
医師(内科)
臨床遺伝専門医
栗山 洋子
栗山 洋子看護師、助産師
認定遺伝カウンセラー
生命科学医療センター遺伝子診療部門輸血・再生医療部門生命科学医療センター研究室
家族性腫瘍遺伝子検査が受けられます。お電話でのお問い合わせ 025-227-0352