生命科学医療センター研究室

お知らせ

シロリムスが「リンパ脈管筋腫症」に対する治療薬として世界で初めて承認されました。

2014年07月04日

新潟大学医歯学総合病院生命科学医療センターの中田光教授らの研究グループを中心とする医師主導治験グループ(全国9施設)は、若年女性に生じこれまで肺移植以外に有効な治療がなかった稀少肺疾患「肺リンパ脈管筋腫症」(略称LAM「ラム」)に対して、分子標的薬のシロリムスが、重大な副作用なく、肺の機能の低下を防ぐことを確認しました。

この成果を受けて、厚生労働省医薬品第二部会で、5月26日にシロリムスを世界初となるリンパ脈管筋腫症に対する治療薬として承認されました。

若年女性の稀少肺疾患「リンパ脈管筋腫症」の分子標的治療薬シロリムスの世界発の薬事承認(PDF)

生命科学医療センター遺伝子診療部門輸血・再生医療部門生命科学医療センター研究室