新潟大学医歯学総合病院 輸血・再生・細胞治療センター

輸血治療とは

輸血とは、患者さんが外傷や手術・病気などで失った血液を、外部より他人の血液成分で補う補充療法であり、細胞治療のひとつです。

輸血について

輸血・再生・細胞治療センターでは輸血用血液製剤およびアルブミン製剤の管理を行い、適切な管理と適正使用の推進を行っています。輸血する血液量が少ない新生児や乳児の輸血の際には、血液製剤の分割を行い、無駄のない輸血を心がけています。
また、緊急輸血に対応するための緊急コードを設定し、緊急レベルに応じて迅速に行動できるよう体制を整備しています。
その他に、患者さんご自身の血液を輸血する自己血輸血の管理や血液照射装置による製剤の照射、新鮮凍結血漿(FFP)の解凍などの業務も行っています。