新潟大学医歯学総合病院 輸血・再生・細胞治療センター

輸血治療とは

輸血とは赤血球や血小板などの血球を必要とする患者さんへ、いかに安全に投与するかを追求した細胞治療です。

輸血について

輸血・再生・細胞治療センターでは赤血球輸血や血小板輸血に加えて、患者さんご自身の血液を輸血する自己血輸血の体制も整えています。また、凝固因子補充のための血漿製剤やアルブミン製剤の提供も行っています。輸血時の副作用が重篤で支障を来す患者さんに関して、洗浄赤血球や洗浄血小板の適応の検討も行っています。
当院は多くの血液を入院・外来患者、手術、救急現場に供給しています。

間違った血液型の血液を輸血すると命に関わる事態になってしまいます。このような事が起こらないように輸血を実施する手順は病院スタッフ全員で遵守しています。また、各種のマニュアルや同意書なども定期的に見直しています。